誰も読むことのない人生の日記 http://angliathailand.com My WordPress Blog Fri, 24 Feb 2017 08:18:57 +0000 en-US hourly 1 https://wordpress.org/?v=4.6.4 費用が安い部分矯正とは http://angliathailand.com/?p=32 http://angliathailand.com/?p=32#respond Fri, 24 Feb 2017 08:18:57 +0000 http://angliathailand.com/?p=32 歯列矯正というのは、歯並びのコンプレックスを解消することができ、顔の第一印象をよくすることができる治療法です。

一般的に、歯列矯正というと、治療期間も長く費用も高額になり、痛みや違和感も伴うものというイメージもあるかもしれませんが、部分矯正は、前歯だけの矯正になるので、治療期間も短く、費用も安いというメリットがあります。部分矯正にかかるおおよその費用は、矯正にあたっての検査や診断料に3~5万円、矯正装置を取り付ける基本料金が30~50万円、矯正装置のメンテナンスなど、1回あたり4000~8000円が相場となっています。また、矯正の種類によっても、費用は異なり、中でももっとも安いのがブラケットによる部分矯正になります。
部分矯正の前歯の情報です。

全体矯正よりも安い部分矯正は、歯並びが悪い一部分の歯に矯正装置をつけて、歯並びを改善していく治療法で、矯正装置による違和感や期間を低く抑えることができるというメリットがあります。ただ、でこぼこが大きい場合には、抜歯が必要となったり、前歯だけを矯正治療していくため、すべての隙間を閉じることができず、隙間が残ってしまう場合もあるため、セラミックやプラスチックで隙間をふさぐこともあります。そのほかにも、一部分の歯にしか矯正治療をつけないため、上下の噛み合わせを改善することはできません。そのため、必要であれば、部分矯正を行った後に、クラウンなどを使って噛み合わせを改善する場合もあります。

]]>
http://angliathailand.com/?feed=rss2&p=32 0
安い費用と短い期間でできる部分矯正 http://angliathailand.com/?p=27 http://angliathailand.com/?p=27#respond Wed, 01 Feb 2017 06:21:28 +0000 http://angliathailand.com/?p=27 歯列の矯正には全体矯正と部分矯正があります。全体矯正は歯列全体を矯正します。

歯の一部を抜いて全体を動かすといったこともするため、時間がかかり費用も高額になる傾向があります。部分矯正は気になる部分を矯正するだけですので、全体矯正に比べれば短い期間で、比較的安い費用でできます。具体的には、歯の状態により異なりますが、治療期間は3か月~1年ほどで、これは全体を治す場合に比べて三分の一ほどになります。費用は状態や歯科医院にもよりますが、10万~40万程度と、四分の一程度安いことになります。また痛みも少なく、矯正装置が部分的についているので、全体矯正よりはケアが楽です。

しかしながら、部分矯正は適応できる症状に限りがあります。例えば前歯のでこぼこがひどく、奥歯を動かさないときれいに並ばない場合や、受け口になっている場合です。前歯全体が突出している場合も難しい場合があります。また上下の歯のかみ合わせがあっていない場合、部分的な矯正では改善しませんので、全体矯正をおすすめすることがあります。
部分矯正の前歯の情報サイトです。

前歯のでこぼこがあり、その程度があまりひどくない場合は部分的な矯正で対応できるでしょう。また奥歯の一本が斜めに生えていると言った場合や、前の歯と歯の隙間が大きい、いわゆるすきっぱの方も適応できる可能性が高いです。とはいえ、適応するかどうかは他の歯列の状態なども診たうえでの歯科医師の判断になります。部分矯正は全体治療に比べ安い費用でできるため、希望する人も増えています。部分矯正でできるかどうか、仕上がりはどういう状態になるか、しっかり医師に確認するようにしましょう。

]]>
http://angliathailand.com/?feed=rss2&p=27 0
部分矯正に費用はどおくらい掛かるか http://angliathailand.com/?p=23 http://angliathailand.com/?p=23#respond Thu, 22 Dec 2016 06:34:51 +0000 http://angliathailand.com/?p=23 歯列矯正には全体矯正と部分矯正があります。どちらも見た目やコンプレックスの改善の為に行うことが多いので、医療保険の適応にならない自費診療のことが多いです。

しかし顎変形症や口唇口蓋裂のように生まれつきの病気である先天性疾患の場合は、医療保険対象にある場合もあるので覚えておくと良いでしょう。では部分矯正のメリットについてですが、短期間で矯正が終了することや全体矯正に比べて、掛かる費用が少ないということでしょうか。全体矯正では2~3年の矯正が必要なのに対して、部分矯正ではほとんどが6か月程度で、長くても1年くらいで矯正が終了します。

また費用ですが全体矯正で100万越えするのに対して、部分矯正は1本3万円台からの矯正が可能となります。また痛みも少ないことが特徴です。ただデメリットもあり、主に前歯の軽度の矯正に向いているのですが、重なりがひどい場合や、骨格に問題がある場合、前歯全体が出っ歯の場合などは、全体矯正のように仕上がりがうまくいかないこともあり、あまり部分矯正には向いていないようです。
部分矯正の費用はこちらです。

費用がいくら安くても、自分の納得のいかない仕上がりになるのは、逆にお金の無駄になってしまいます。その辺は、歯科医師としっかりと相談してどちらの矯正が自分に向いているのか検討していくことが良いでしょう。ただ、見た目だけを重視する必要はありません。個性として受け入れ、今のままの自分の歯で今後の人生を歩んでいくのも良いのではないでしょうか。

]]>
http://angliathailand.com/?feed=rss2&p=23 0
部分矯正は安いだけでは選ばないようにしよう http://angliathailand.com/?p=19 http://angliathailand.com/?p=19#respond Tue, 29 Nov 2016 07:32:49 +0000 http://angliathailand.com/?p=19 部分矯正治療というと、早い・安い・手軽というイメージを持つ人も少なくはありません。確かに、全顎矯正治療に比べると治療期間は短いため治療を早く終了させることが出来ますし、費用も安くて済みます。

しかし、安いということだけで部分矯正治療を選んでしまうと、後悔する可能性があります。部分矯正治療は、前提として噛み合わせが乱れていないということや上下の顎のズレが見られないという事があります。

つまり、噛み合わせが全体的に乱れているという場合や顎にズレが見られる場合には、部分矯正治療は適さないという事になりますので、注意が必要です。なお、基本的に矯正歯科治療は保険の対象とはなりませんので、クリニックによって費用には違いがあります。治療費が高いから良い治療を受けることが出来る、安いからダメということは言えませんが、他と比べて安すぎるクリニックには注意が必要でしょう。事前の検査が不十分であったり、治療方法が適していないという可能性があります。クリニックを選ぶ時には、実際にカウンセリングを受けることをおすすめします。
部分矯正の費用についてはこちらです。

カウンセリングや相談のみであれば、無料で対応しているクリニックも多くあります。カウンセリングを受けることで、自身に合った治療方法、治療計画の提案を受けることが出来ますし、費用を確認することも出来るでしょう。また、自身の希望を伝えるということも大切になります。歯は一度失ってしまうと、元に戻すことは出来ませんので、慎重に行なうことが大切です。

]]>
http://angliathailand.com/?feed=rss2&p=19 0
部分矯正の費用は一般的に安いけれど http://angliathailand.com/?p=15 http://angliathailand.com/?p=15#respond Mon, 07 Nov 2016 09:11:09 +0000 http://angliathailand.com/?p=15 歯の矯正では、前歯だけを矯正したい方もいますが、
歯科医によっては、部分矯正をすることがあります。
部分的に前歯だけに矯正装置をつけるのですが、
治療期間が12ヶ月程度で終了し、
費用は全体矯正の約3分の一で行えます。

見た目だけですと、半年程違ってきます。
前歯だけというと、2、3本の矯正ですが、
これなら費用が安く済みます。このような方にお勧めです。
・前歯だけ気になっている(出っ歯、八重歯、すきっ歯、受け口など)
・治療費用を抑えたい・治療期間を短くしたい
・先の行事(結婚式や発表会など)に間に合わせたいなど、
全体の矯正ではなく、部分的に短期間で安くしたい方に良い方法です。
部分矯正の費用についてはこちらです。
しかし、デメリットもあります。
・前歯を削ることがある
・出っ歯の仕上がりがうまくいかないことがある
・全体の矯正よりはきれいにいかないこの点については、
ある意味妥協点として、納得しなければならないことがあります。
歯科医が部分矯正ではなく、
最初から全体の矯正を勧めることもあります。

それにはいくつか理由があり、
・かみ合わせの調節ができないので、
かみ合わせができているところしか部分矯正歯できない
・最初から部分矯正に不適合な生え方をしているなど、歯科医の判断が必要です。
必ず口の中チェックを行った上での診察になります。
一方的に、ダメというのではなく、
矯正そのものが難しい治療の一つですから、
歯科医も判断には慎重になることが多いと言われています。
よく相談をすることが大切です。

]]>
http://angliathailand.com/?feed=rss2&p=15 0
歯科用CTが診察に活躍 http://angliathailand.com/?p=5 http://angliathailand.com/?p=5#respond Fri, 30 Sep 2016 08:17:20 +0000 http://angliathailand.com/?p=5 歯科用CTを使われてしまうと被ばくを気にする人が多くいますが、最新型はとても低被ばくであり、専用のX線室を作らなくても鉛加工の壁で囲ってあれば使用できるほどです。

省スペースで置き場所も選ばなくなったことから、全国各地の歯科医で導入が行われています。

虫歯や歯周病の影響がどこまで及んでいるか、判断しなければならないときに撮影が行われます。酷い人だと顎の骨まで達していて手術が必要になってしまう人もいるためです。

インプラント治療を受けたい人も顎の骨の厚さや、現在残っている歯の状態を調べるために使われ、矯正や入れ歯作成を行う人も詳しく調べるために歯科用CTによる撮影が必要で、正確な治療に役立ちます。

昔使われていたタイプは立ったまま撮影する必要があったため体が動きやすく、撮り直しすることにならないように緊張しながら臨んだ人も多いでしょう。
しかし、最新型は座位撮影が可能になったため体が安定して、動いてしまう心配もなくなり、リラックスして臨めるようになっています。立体画像やカラーでのデジタル表示が可能になったことで、これまでよりも正確に歯根の位置や歯並びなどが分かるようになりました。

歯が抜けて差し歯や入れ歯なども使わずに過ごしていると、周りのほかの歯も抜け落ちやすくなりますし、噛んだときの圧力が顎の骨にかからないと、だんだんと骨が痩せてきて薄くなってしまうことも分かっているため、早期に対処するためにも広範囲をしっかり撮れる歯科用CTの存在は欠かせません。

安い部分矯正の役立つクチコミ情報をまとめた情報サイトです。

]]>
http://angliathailand.com/?feed=rss2&p=5 0