部分矯正に費用はどおくらい掛かるか

歯列矯正には全体矯正と部分矯正があります。どちらも見た目やコンプレックスの改善の為に行うことが多いので、医療保険の適応にならない自費診療のことが多いです。

しかし顎変形症や口唇口蓋裂のように生まれつきの病気である先天性疾患の場合は、医療保険対象にある場合もあるので覚えておくと良いでしょう。では部分矯正のメリットについてですが、短期間で矯正が終了することや全体矯正に比べて、掛かる費用が少ないということでしょうか。全体矯正では2~3年の矯正が必要なのに対して、部分矯正ではほとんどが6か月程度で、長くても1年くらいで矯正が終了します。

また費用ですが全体矯正で100万越えするのに対して、部分矯正は1本3万円台からの矯正が可能となります。また痛みも少ないことが特徴です。ただデメリットもあり、主に前歯の軽度の矯正に向いているのですが、重なりがひどい場合や、骨格に問題がある場合、前歯全体が出っ歯の場合などは、全体矯正のように仕上がりがうまくいかないこともあり、あまり部分矯正には向いていないようです。
部分矯正の費用はこちらです。

費用がいくら安くても、自分の納得のいかない仕上がりになるのは、逆にお金の無駄になってしまいます。その辺は、歯科医師としっかりと相談してどちらの矯正が自分に向いているのか検討していくことが良いでしょう。ただ、見た目だけを重視する必要はありません。個性として受け入れ、今のままの自分の歯で今後の人生を歩んでいくのも良いのではないでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *