安い費用と短い期間でできる部分矯正

歯列の矯正には全体矯正と部分矯正があります。全体矯正は歯列全体を矯正します。

歯の一部を抜いて全体を動かすといったこともするため、時間がかかり費用も高額になる傾向があります。部分矯正は気になる部分を矯正するだけですので、全体矯正に比べれば短い期間で、比較的安い費用でできます。具体的には、歯の状態により異なりますが、治療期間は3か月~1年ほどで、これは全体を治す場合に比べて三分の一ほどになります。費用は状態や歯科医院にもよりますが、10万~40万程度と、四分の一程度安いことになります。また痛みも少なく、矯正装置が部分的についているので、全体矯正よりはケアが楽です。

しかしながら、部分矯正は適応できる症状に限りがあります。例えば前歯のでこぼこがひどく、奥歯を動かさないときれいに並ばない場合や、受け口になっている場合です。前歯全体が突出している場合も難しい場合があります。また上下の歯のかみ合わせがあっていない場合、部分的な矯正では改善しませんので、全体矯正をおすすめすることがあります。
部分矯正の前歯の情報サイトです。

前歯のでこぼこがあり、その程度があまりひどくない場合は部分的な矯正で対応できるでしょう。また奥歯の一本が斜めに生えていると言った場合や、前の歯と歯の隙間が大きい、いわゆるすきっぱの方も適応できる可能性が高いです。とはいえ、適応するかどうかは他の歯列の状態なども診たうえでの歯科医師の判断になります。部分矯正は全体治療に比べ安い費用でできるため、希望する人も増えています。部分矯正でできるかどうか、仕上がりはどういう状態になるか、しっかり医師に確認するようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *