歯科用CTが診察に活躍

歯科用CTを使われてしまうと被ばくを気にする人が多くいますが、最新型はとても低被ばくであり、専用のX線室を作らなくても鉛加工の壁で囲ってあれば使用できるほどです。

省スペースで置き場所も選ばなくなったことから、全国各地の歯科医で導入が行われています。

虫歯や歯周病の影響がどこまで及んでいるか、判断しなければならないときに撮影が行われます。酷い人だと顎の骨まで達していて手術が必要になってしまう人もいるためです。

インプラント治療を受けたい人も顎の骨の厚さや、現在残っている歯の状態を調べるために使われ、矯正や入れ歯作成を行う人も詳しく調べるために歯科用CTによる撮影が必要で、正確な治療に役立ちます。

昔使われていたタイプは立ったまま撮影する必要があったため体が動きやすく、撮り直しすることにならないように緊張しながら臨んだ人も多いでしょう。
しかし、最新型は座位撮影が可能になったため体が安定して、動いてしまう心配もなくなり、リラックスして臨めるようになっています。立体画像やカラーでのデジタル表示が可能になったことで、これまでよりも正確に歯根の位置や歯並びなどが分かるようになりました。

歯が抜けて差し歯や入れ歯なども使わずに過ごしていると、周りのほかの歯も抜け落ちやすくなりますし、噛んだときの圧力が顎の骨にかからないと、だんだんと骨が痩せてきて薄くなってしまうことも分かっているため、早期に対処するためにも広範囲をしっかり撮れる歯科用CTの存在は欠かせません。

安い部分矯正の役立つクチコミ情報をまとめた情報サイトです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *